許認可取得のご協力など承ります

衛生や安全の観点から、行政の監視や規制がかかる事業があります。
これはこれは監督官庁の許可、認可、届出、登録などの取得が必要です。
手続きの書類作成、関係官庁への提出など承ります。

■ 許認可が必要な業種の例

業種 許認可の種類
飲食店 食品営業許可
ペットショップ 動物取扱業登録
リサイクル店 古物商許可
不動産業 宅地建物取引業免許
建設業 建設業許可
運輸業 運送業許可
クリーニング店 クリーニング所解説届出
床屋、美容院 理容(美容)所開設届出
薬局 薬局開設許可

■ 建設業

1 建設業は一定規模以上は許可が必要です。

2 有効期間
各許可の有効期間は5年間です。5年おきに更新します。

3 許可申請書類手数料

●大臣許可
新規・・・ 15万円
更新または追加・・・5万円

●知事許可
新規・・・ 9万円
更新または追加・・・5万円

その他、経営事項審査申請、入札参加資格審査申請なども承ります。


建設業許可申請のフロー
1 許可要件
      ↓
2 書類の整備
     ↓
3 登録免許税や手数料の納付
     ↓
4 受付
     ↓
5 審査
     ↓
6 許可

■ 介護保険事業者

1 介護保険事業には自治体の指定が必要です。

2 有効期間は6年間です。

3 指定要件

①法人であること。
②人員の基準を満たすこと。
③設備及び運営上適正なサービスの運営ができること。
④役員等が欠格事でないこと。

その他下記には人員・設備・運営等に基準があります。

・指定居宅サービス
・指定居宅介護支援
・指定介護老人福祉施設
・指定介護予防サービス

これらに求められる基準は申請後にも維持するものです。


4 指定審査

指定基準を満たしていることのほか、事前に関係部署と調整する必要がある場合もあります。