相続の手続きについてのご相談をお受けします

相続は一般の方が何度も経験することではありません。疑問点も多いと思いますので、気軽にお電話ください。

■ 主な相続手続きの流れ 

1 相続人の調査と確定 

遺言書があれば家庭裁判所で検認します。
故人の一生分の戸籍の収集など必要な書類を取得し法定相続人を確定します。この書類は金融機関等の相続手続きでも使用します。

2 相続財産の調査と確定

相続財産となる不動産、預貯金などの被相続人の方の財産目録を作成します。

3 遺産分割協議書の作成

遺言書がない場合は原則として遺産分割協議書を作成します。
協議に先立って、遠方在住の相続人がいる場合、所在不明の相続人がいる場合、未成年者が相続人となる場合などの手続きについてご説明します。
?株式、債券、投資信託のような証券類は売買単位や商品内容を踏まえて分ける方が良いです。分割協議の前に預託している証券会社などに確認することをお勧めします。

4 相続手続き

預貯金、証券類は口座の凍結、残高証明書の取得、受取られる相続人の方への移管まで、各行・各社で手続きします。公共料金等の引き落し停止、年金保険の手続きなども可能な限りでご協力します。
不動産登記は司法書士の業務になります。